トップ > Network > ルーターの役割について 

ルーターの役割について

 ルーターはインターネット側のネットワーク(WAN)と自宅側のネットワーク(LAN)の仲介をする役割をします。
  ルーターの機能として次のような機能が実装されています。
  • NAT(Network Address Translation)
    WAN側に割り当てられたグローバルな1つのIPアドレスを複数のコンピュータ等で共有する事ができる。
  • IPマスカレード(IP Masquerade)
    NATとは異なりTCP/UDPの各ポートまで動的に変換される。
  • ポートフォワーディング(Port Forwarding)
    WAN側の特定のポート宛に来たデータをLAN側の指定したコンピュータのポートへ転送する。
  • ※VPNマルチパススルー(PPTP)
    ルーター内部に置かれたコンピュータが外部にPPTP方式のVPNコネクションを張ることができる。
  • ※VPNマルチパススルー(IPSec)
    ルーター内部に置かれたコンピュータが外部にIPSec方式のVPNコネクションを張ることができる。
  • ※VPN(Virtual Private Network) (PPTP)
    ルーター等が外部にPPTP方式のVPNコネクションを張ることができる。
  • ※VPN(Virtual Private Network) (IPSec)
    ルーターが外部にIPSec方式のVPNコネクションを張ることができる。
  • ※VRRP(Virtual Router Redundancy Protocol)
    複数のルーターを1つのグループにまとめる。ルーターの冗長化ができる。
  • ※DMZ専用ポート(DeMilitarized Zone)
    WAN、LANの他にDMZゾーン専用のポートが存在する。
  • ※QoS(Quality of Service)
    VoIP等の特定する通信品質を確保するする。
  • ※OSPF(Open Shortest Path First)
    通信経路のコスト計算を行い、最適な経路を選択する。
  • ※DHCP端末認証機能
    登録された端末毎に通信できるセグメントを指定できる。
  • ※Winnyフィルタ機能
    Winnyが利用するパケットを破棄/遮断できる。
  • ※MACアドレスフィルタリング
    登録されたMACアドレスを持つ端末以外の不正な端末を通信を遮断する。
  • ※マルチホーミング
    複数のISPへの接続を行い、回線負荷の軽減、障害対策で利用される。

 上記で表記した機能の中で※印が付いている機能は一部のハイエンド機、エンタープライズモデル等でのみ提供されています。

Copyright kazu-kun 2008-2011 All Rights Reserved.  Since 08/12/25